0120-305-497

古本買取日記

タグパソコンゲーム買取

名古屋市西区にて1980年代パソコン雑誌の出張買取

スタッフNです。

 

先日は名古屋市西区にてログインやOh!MZなどの旧PC情報雑誌の買取りを担当させて頂きました。

 

login.jpg

 

この日はオーナーが桑名市へ出張買取に行っていて、その帰りに西区にお伺いする予定でした。

しかしながら桑名市の買取商品が予想以上に多く、これ以上積めない状態になってしまったので僕が応援に駆け付けた次第です。

 

オーナー好みの古いコミックなどが沢山ありましたが、僕は上記の1980年代の旧PC雑誌を担当いたしました。

月刊LOGiN、Oh!MZ、月刊アスキー等。

懐かしのテープログインのパッケージを発見し興奮しましたが、残念ながらカセットテープは紛失していました。

昔はゲームなどの記録媒体にカセットテープを使用していたのです。

今は記録容量はギガバイト(GB)などと表記しますが、カセットテープの場合60分や90分です・・・。

10分テープいっぱいにデータが記録されていれば、読み込み時間も10分です。

そんな時代でした。

 

それでも1980年代のゲーム情報誌などは現在でも人気がございます。

毎月定期購読していた覚えのある方は、物置を探して漫遊堂にお問い合わせください。

 

天白区にてマイコンBASICマガジンの出張買取

スタッフNです。

先日は出張買取で天白区にてマイコンBASICマガジン、ベーマガの買取を担当させて頂きました。

_DSC4473.JPG

1985年ごろから1990年代まで140冊近く。
ポイントは通年、12冊揃っている物が多かったと言う事です。

ベーマガとはまだWindowsが発売される前。
メーカーごとに異なるOSを搭載していた時代の古いパソコン雑誌です。

ゲーム一本が単純な物でも4000~6000円。
アドベンチャーやシミュレーションなどの複雑な物だと10000円以上もしていた時代に、パソコンでどうやってゲームをしていたかと言うと。
こういった雑誌に掲載されているプログラムを打ち込んでゲームで遊んでいたんです。
打ち込んで完成したゲームはカセットテープに録音して読み込ませれば、次回からまた遊べますが、その記録用データレコーダも高いのです。
持っていない人は、ゲームを遊ぶ度にプログラムを入力しなければいけません。

そうこうしていると、この命令文がどのような働きをしているのか理解し始めて、自分でゲームを作っていくようになります。

そういう遊び方が面白い時代でした。

そんな懐かしいパソコン雑誌をお売り頂きありがとうございました。

愛知県春日井市にてPC98本体、ゲームソフト等の出張買取

スタッフNです。

本日は春日井市にて旧PCゲームソフトやクラシックCDの買取がございました。
最初電話でお聞きしていた時点ではそれほど量は無いようでしたので、バナナ箱を3箱ほど用意してお伺いしましたが、実際はもの凄い量がありました。
普段ステップワゴンに乗っているのですが、載り切るのだろうかと不安になるくらいの量でした。
春日井市といっても事務所から車で10分くらいですので、往復しても良かったのですがその後のスケジュールもございましたので何とかいっぱいいっぱいに詰め込むことが出来ました。

DSCF3923[1].JPG

内容は本やCD、旧PC本体、ファミコンやPCエンジン本体とソフトです。
一番多いのはPC-9801用のゲームソフトです。
お電話では「信長の野望」「大戦略」と聞いていたので量が少ないと勘違いしておりましたが、おかれているダンボールのほとんどにぎっしりソフトが入っていました。
その数、数十本。
(まだ整理していないため本数を正確に把握しておりません)

PC-9801といえば、Windowsが台頭するまでビジネスでもゲームでも日本国内での主力PCでした。
90年代には様々な意欲的なゲームソフトが発売され、その処理能力の高さとユーザー層から主にシミュレーションゲームが多く発売されました。
今回買取したソフトの多くがシミュレーションゲームで、大戦略シリーズやシュバルツシルトシリーズ、銀河英雄伝説シリーズなどが多くこれらのゲームをクリアするのにいったいどれほどの膨大な時間を要するのだろうと、考えただけでも頭がくらくらします。
中にはいまだファンの多い超名作や、超マイナーゲームもあり思わず笑みが浮かびます。

DSCF3925[1].JPG
写真左が名作「デザート ドラグーン~砂漠の竜騎兵~」。
戦略性と自由度の非常に高い完成されたシステムを持つ名作です。

DSCF3924[1].JPG
こちらはX68000用のサイバースティック。
友人の家でこれを使い徹夜でジェノサイドをクリヤした辛い記憶が蘇えります・・・。

この方は本当にゲームファンのようで、所有機種がPC-9801USでした。
UVの後継機としてホビーユースに特化したPC98です。
こちらも買い取らせていただきました。

大好きな分野ですので、取りとめもなくなってしまいます。
書きたいことは尽きませんが、ここらで終わらせていただきます。

1
出張買取・宅配買取
先頭へ戻る