0120-305-497

古本買取日記

タグジッポーライター買取

名古屋市北区、守山区にて音楽CD、おもちゃ、カメラ他出張買取

2018年12月1日(土曜日)
11月30日(金曜日)は名古屋市北区、守山区にて出張買取を受け賜わりました。
ご依頼主様方に感謝申し上げます。
ありがとうございました。

順に記して参ります。
一件目にお伺いした北区のお客様は、毎週一回スタッフが訪れているお宅です。
今回は守山区のお客様のところにも参りますので私も同行致しました。

北区のお客様は、いよいよ不用品の整理も佳境に入られた模様で、先週からとても多くなってきているのです。
この度も嬉しい悲鳴をあげました。

二件目にお伺いした守山区のお客様は様々な品を収集されておられ、客間に用意されたダンボール箱の中にはモデルガン、カメラ、ジッポーライター、音楽CD、ゲーム、書籍等がぎっしり詰まっています。
スタッフと手分けして査定にとりかかりました。

すっかり日が暮れた頃に査定終了。
16時頃にお邪魔しましたので、約1時間はかかった計算です。
お客様にはお待たせしてしまい申し訳ございません。
その分、しっかりした合計金額をご提示出来たかと思います。
買取価格にはご満足頂けたご様子で、ご快諾頂けました。

お客様には運び出しにもお心遣い頂き、恐縮することしきりです。

この度は漫遊堂をご用命頂き、誠にありがとうございます。
またご縁がございました際には宜しくお願い申し上げます。

2018-11-30 19.13.42.jpg2018-11-30 19.16.56.jpg2018-11-30 19.17.30.jpg2018-11-30 19.14.34.jpg
2018-12-01 15.15.05.jpg


川崎彰久さんカスタムナイフ、モンディーンの鉄道懐中時計等の買取

スタッフNです。

先日オーナーと共にお伺いしました遺品整理での、僕の仕事の一部を紹介いたします。
こういう場での僕の役割は、捨てられるゴミの中からお宝を発見するという物です。
オーナーの知識外のアイテム等は僕の得意分野なのです。

特に遺品整理で、お亡くなりになられた方がコレクターだった場合。
ご遺族にはゴミに見えても、実際にはコレクター垂涎の逸品が眠っていたりするものです。
そういうものを発見して救い出すことが、同じコレクターである者の務めでもあると思っております。


DSCF3888[1].JPG

まずは腕時計。
こちらはナッツコレクションというアーティストによるコラボレーション腕時計で、色々なアーティストやデザイナーがデザインを手がけるシリーズの限定時計です。
これはグラフィックデザイナーのアラン・チャンがデザインした物。
定価はそれほど高くはありません。


DSCF3886[1].JPG

もう一つ時計。
こちらはモンディーンの鉄道懐中時計。
スイス国鉄オフィシャルの一品。
シンプルなデザインで見やすいです。


DSCF3887[1].JPG

そしてジッポーライター。
特に仮面ライダー30周年記念のフェイスクラッシュは限定品で人気もあり、この手のZIPPOにしては割りと高額で取引されています。


DSCF3890[1].JPG

次にモーゼルC96自動拳銃のレプリカモデル、モデルガン。
金属製でとても重いです。
モーゼルミリタリーM1932とも呼ばれている人気の小火器です。
確かマルシン製で、フランクリンミント社がカスタムして販売していました。
定価は約10万。
ディスプレイボードがついているので、おそらく通販専用商品だったかと。


DSCF3892[1].JPG

最後にナイフです。
こちらはカーショーのシースナイフ。
カーショーは安くて使い勝手の良いベストセラーナイフを作るナイフメーカーです。
僕も最初に購入したナイフはカーショーでした。


DSCF3891[1].JPG

こちらはバリソンのナイフ。
バリソンの名を一般に知らしめたのは、バタフライナイフです。
映画やドラマで使用され、そのフォールディングの独特な操作から一躍人気になりました。
しかし、ストリートギャングや若者中心にファッションアイテムとしてもたれた為、1998年に不幸な事件が重なり社会問題となりました。


DSCF3889[1].JPG

最後に紹介するのはカスタムナイフメーカー川崎彰久さん作のカスタムメイドナイフです。
カスタムナイフメーカーとは個人でナイフを製作している作家さんの事で、国内外に数多くおられます。
僕も色々な作家さんの物を何本か所有しております。
川崎彰久さんは有名な方で、このひと目で川崎デザインとわかる作風がとても味があります。
ブレード材はATS-34。日立金属製。
小さい方のハンドル材はサンバー・スタッグ。
サンバー鹿の角です。
大きいほうはアイボリーでしょうか。
こちらは作家物ですので、それなりのお値段をお付けさせて頂きました。
カスタムナイフは数万~数十万するものが多く、人気の作家さんになると予約しないと手に入らない方も居られます。


ちょこちょこ書いてますが、実は僕はナイフコレクターです。
地元ではちょっと有名だったらしいです。
どれくらい有名だったかと言うと、どこで知ったのか地元の老舗某高級料亭の息子さんがナイフを集めていて、知人を通して是非僕に会いたいとコンタクトがあったり。
2008年の秋葉原通り魔事件で兇器に使われたことから、翌2009年に両刃のナイフが銃砲刀剣類所持等取締法の改正により所持禁止になった際、知り合いの警官がやってきて「持ってたら破棄してください」と言われた程度有名だったようです。
泣く泣くお気に入りのAL-MARブーツナイフを破棄しました・・・。

いまはラブレスか相田義人さんのナイフを手に入れることが夢です。

1
出張買取・宅配買取
先頭へ戻る