0120-305-497

古本買取日記

旧ビックリマンシール約600枚の買取り。スーパーゼウス・ヘラクライスト

スタッフNです。 
 

写真は買取り後、ファイルに整理した物です

 

先日は郵送買取りにてビックリマンシール約600枚の買取査定を担当させて頂きました。
大量にあり、表裏などの状態を確認しないといけないので数日お時間を頂いてしまいましたが、お客様には納得いただける金額を提示できました。
ありがとうございます。 
 

1月下旬からビックリマンシールのお問い合わせが増えております。
なぜだろうと思っていたら、2020年1月21日のネットニュースに「ビックリマンシールがお宝になる」というような記事が掲載されておりました。
簡単に高額になる条件などが書かれておりますが「スーパーゼウス流通価格80万円」「ブラックゼウス流通価格150万円」などと書かれていると、知らない方には勘違いが起きやすいと思います。 
 

基本的に途方もない高額になる物には2つの条件がございます。
1・エラーと呼んでも良いくらいのバージョン違い
2・状態のものすごく良いもの 
 

前出の「スーパーゼウス」が1にあたります。
1985年の初期のシリーズのいわゆる「初版」の物のみシールの裏面がビニールコーティングしてあるものが存在しました。
スーパーゼウスは当時本気で集めていた子供なら持っていてもおかしくはない出現率ですが、ビニコ版はめったにお目にかかれません。 
 

そして2の状態になります。
シールやカードコレクターは非常に状態にシビアです。
完品級と呼ばれる、まるで印刷所からカードスリーブに入れられて扱われていたかのような、傷一つ微細な折れさえない物でやっと数十万円レベルで取引される物になるのです。 
 

1の条件で本当のエラー物もございます。
本来横に流れているプリズム模様が印刷所のミスで縦方向になってしまった物が「縦流れ」と呼ばれエラー品となります。
これは例えば「穴のない50円玉」がエラーコインとして高額取引されるのと同じ理由です。
アイス版の高額品も基本的に1の条件となります。 
 

おっと、もう一つ高額になる条件の物がありました。
「福袋版」「懸賞版」「キャッチャー版」と呼ばれるものですが、これは特殊な環境のみで入手できたものです。
「福袋版」は89年のクリスマス時期のみに販売されたアイスパックのおまけとして封入されていた物。
「懸賞版」はコロコロコミックの懸賞当選品やスーパーなどの販促グッズとして配られたもの。
「キャッチャー版」はゲームセンターのとるとるキャッチャーという機械に入っていた景品のぬいぐるみに付けられていたシール。 
 

「オリオンズ版」は・・・。
知らずに持っている人はいないと思うのですが。
1987年の川崎球場で配られたロッテオリオンズの選手がビックリマンシール化された物です。
超レアですね。 
 

ちなみに現在では同人活動などとしても「ビックリマンシール風プリズムシール(キラ)」が作れてしまいますので、偽物も出回っております。

20年02月12日 テーマ:おもちゃ・ゲーム買取

0120-305-497

タグ

,

出張買取・宅配買取 0120-305-497 お引越しなどの本の整理にもご利用ください
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 古本の遺品生理
  • 同業者の皆様へ
  • 古本買取日記

いつも応援クリック
ありがとうございます。
↓↓↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ

人気ブログランキング
RSS 2.0

会社情報
会社名漫遊堂
住所〒463-0002
愛知県名古屋市守山区大字中志段味字大洞口2729
TEL052-768-7612
古物商許可愛知県公安委員会
第542540300500号
代表河島 正典
先頭へ戻る