0120-305-497

古本買取日記

タグ: レトロ玩具買取

愛知県常滑市にてクローバー、ガンダム超合金の買取り

スタッフNです。 
 

今回も常滑市のお客様で計3回ご用命いただいた買い取りをご紹介いたします。 
 

8月21日のブログの続きとなります。 
 

今回ご紹介させて頂く商品はこちら。 
 
 
 

クローバー製ダイカスト「機動戦士ガンダム」
発売当時のラインナップはだいたいこんな感じでした。 
 

・今回ご紹介のメイン商品 定価1550円
・安価なバリエーションモデル 定価980円
・DX合体セット 定価5800円 
 本体の大きさ的にも揃えると大中小となります。 
 

クローバーと言えば機動戦士ガンダム放送時のメインスポンサーで、企画段階からガンダムにかかわっていました。
「Gアーマー」はクローバーの意向で決定されたと言われています。 
 

上記の情報を踏まえてこちらの商品をご覧ください。 
 

デザインに口出しできるスポンサーという立場であったにもかかわらずこの体たらくです。
設定ガン無視、金属っぽさを出したかったのか銀色に塗られたパーツがチープさを漂わせています。
ビームサーベルの形状!
肩のミサイルはなんだ!?
なぜバックパックとかかとに車輪が付いている!?
Gアーマーを決定させたわりにはコアファイターの合体ギミックが採用されていません。
(後に発売されるDX合体セットで再現されました)
安価なバリエーションモデルでは脚部を外してガンキャノンの足やガンタンクのタンク部分に差し替えられるというだけの簡単な物。 
 

「コンビネーションプログラム ザンボット3」
「デラックス ダイターン3」
が非常に出来が良かったために、当時かなりがっかりした記憶があります。
ですので当時ガンダム物は全く購入していません。
初めてガンダム商品を購入したのは再放送で火が付いたガンプラブームで、キットはジムとシャア専用ズゴックのジオラマ「ジャブローに散る」だったと思います。 
 

売れなかった物ほどプレミア化するのはレトロ玩具の常ですが、やはり当時と同じで2020年現在もDX合体セットに人気が集中しています。
ただクローバーの歴史、ガンダムの歴史を語る上では重要なアイテムで、付属品が全て揃っている状態でしたので高く評価させて頂きました。 
   
ガンダム水平滑走だ! 

漫遊堂にご用命いただきありがとうございました。

20年08月22日 テーマ:おもちゃ・ゲーム買取, 出張買取

0120-305-497

タグ

, , , ,

愛知県豊田市にて超合金・おもちゃ等の買い取り

スタッフNです。 
 
先日の豊田市での買取査定の続きです。 
 
トミカなどを査定させて頂き、お客様に満足いただけたのか古い超合金があるからこちらも見て欲しいという事で拝見させて頂きました。  
 

 
ポピー(現バンダイ)のポピニカシリーズ、超電磁ロボコンバトラーVです。
ちょっと笑顔がこぼれてしまいます。 
というのも僕が子供の頃、一番のお気に入りの玩具だったからです。
僕が持っていたのは5台同梱されたコンバインボックスでしたが、こちらは単品販売の物です。
実はコンバインボックスで購入しても、単品を5種購入しても金額は同じ(7900円)でした。
当時はまだDXボックスという商品展開はされていなかったためです。 
 
このコンバトラーV。
スーパーロボットとしても玩具としても非常に人気のあるキャラクターです。
現在までも多くの商品展開を見せています。 
 
1976年 ポピニカシリーズ(コンバインボックス含む)
1976年 超合金GA-54(合体しない小型の物です)
1982年 DX超合金GB-55 電磁合体
2009年 バンダイ超合金魂GX-50
2017年 バンダイDX超合金魂 
 
2017年版に至っては様々なギミック搭載で税込59940円します。
たまにレトロ玩具は当時物よりも最新の方が出来が良いと言われる方が居られます。
そりゃ定価6万近くしてデザインもリファインされていれば当然ですが、当時物は本当によく考えて作られている事に感動します。
金属とプラ部分の配置の仕方、塗装、デカールと劇中の雰囲気を壊さずに玩具としての完成度を高めています。 
 
この1号機「バトルジェット」に隠されている顔のギミックには驚かされました。
飛行状態(水平)ではコンバトラーVの顔は隠されて見えませんが、ロボット形態のため垂直になると、くるんと90度回転し顔が出てきます。
これはジュモーなどアンティークドールのスリーピングアイと呼ばれるギミックと同じもので、古くからある技術です。
ですが、子供向けの玩具にわざわざこのようなギミックを搭載する意味とは何だったのでしょうか?
顔を固定したままでも問題無いはずですし、スライド式のシャッターをつけたり別パーツで隠したりもできるはずです。
現に2017年版ではスライドシャッター式が採られています。
これは、子供向けだからこそ少ない手順での合体変形、劇中の雰囲気の再現を試みた素晴らしいアイデアだと僕は思います。
だからこそ、レトロ玩具というものは当時のデザイナーの熱い魂を感じて震えずにはいられないのです。 
 
もちろん、お客様にお喜び頂ける査定額を提示させて頂きました。
この度は漫遊堂をご用命いただき、誠にありがとうございました。 
  
 

19年07月20日 テーマ:おもちゃ・ゲーム買取

0120-305-497

タグ

, , , ,

出張買取・宅配買取 0120-305-497 お引越しなどの本の整理にもご利用ください
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 古本の遺品生理
  • 同業者の皆様へ
  • 古本買取日記

いつも応援クリック
ありがとうございます。
↓↓↓

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ

人気ブログランキング
RSS 2.0

会社情報
会社名漫遊堂
住所〒463-0002
愛知県名古屋市守山区大字中志段味字大洞口2729
TEL052-768-7612
古物商許可愛知県公安委員会
第542540300500号
代表河島 正典
先頭へ戻る