0120-305-497

古本買取日記

名古屋市内にて自動車パーツカタログ大量出張買取(1)

2018年10月8日(月曜日)

引き続き10月6日(土曜日)の仕事模様から買い取らさせて頂いた品を紹介してまいります。


13時~13時半でお約束している瑞穂区のお客様宅へ参る前には、車の荷物室に空きを作らなければなりません。
千種区のお宅でサービスで片づけた、お値段をおつけ出来ない書籍は同業者様が引き取っていただけることになりましたので、早速運び込んで、スペースを作りました。
漫遊堂では買取成立の際は、お客様がご希望されれば、本のご処分も受け賜わる場合もございます。
現地での判断となります。
実際に拝見し、処分量が多い等、心ならずもお断りする場合もございます。
ご了承下さい。

瑞穂区のお客様の周辺ではお祭りの準備でしょうか?
道は封鎖されており、祭りと背中に書かれたハッピを着た子供たちが大勢いらっしゃいました。
お神輿の準備もされているようです。
この時間帯の名古屋市内は風は強いものの、晴天。
本の運び出しにも何の支障もございませんでした。

お約束の13時に呼び鈴を鳴らしたところ、笑顔でお出迎え頂き、感謝にたえません。
お客様から案内された本棚には、残念ではございますが、現在では古書店が持て余している不良在庫のタイトルがずらりと並んでいます。
事前にお問合せを頂いた際、お聞きしたタイトルの中に全巻(補巻も含め24冊)揃っていれば、高価買取出来るタイトルがありましたのでご訪問しましたが、こちらが見当たりません。
よく見ると下の方に、その作者の著作が6冊並んでおりましたので、こちらをお客様は仰られたご様子。
お客様に買取が出来る本は無さそうですと前述の全集の揃いの件をご説明差し上げたところ、「こちらの説明が悪かったみたいですね。無駄骨を折らせてしまいすみません」とお気遣い頂きました。
「いえいえ、私もすっかり勘違いしてしまい、申し訳ございません。実際に拝見してみないとわからないことですので、お気になさらないで下さい」と申し上げて、お宅を後にして参ります。

漫遊堂では出張費用無料にて、お伺いしております。
全ての本が買取出来ると良いのですが、需要が無い本に関しましてはお力になれません。
お問合せを頂いた際に、内容をお聞きしますので、だいたいで構いませんのでジャンル(内容)、冊数をお教え頂ければありがたい限りです。
宜しくお願い申し上げます。

丁度同じ時間帯、スタッフNは事務所に持ち込まれたいとお問合せを頂いた1988年~2000年前後のスポーツカーの新車パンフレット(カタログ)の対応をしておりましたが、この年代ですとよく残っておりますので、やはりスーパーカー(フェラーリ、ランボルギーニ等)のカタログでなければ買取は難しいと言わざるをえません。

スタッフから「どうでしょう?」と電話と写真が送られてきましたので、国産車では、せめてフェンダーミラーの年代じゃないと難しいと説明し、お持ち帰り頂きました。
お客様にはご足労をおかけし誠に申し訳ございません。
スタッフには「わざわざお越し頂くのだから、よく内容をお聞きしなさい」と注意致しました。
お許し下さい。

電話後、遅めの昼食をとっていたところ、スタッフから連絡が入りました。
買取希望のお客様で連絡先にお電話を差し上げたところ、名古屋市内にある自動車工場が移転の為、パーツカタログをまとめてご処分されたいとの事です。
先ほどお断りしたS2000、NSX、ビート、フェアレディZ、MR2等もパーツカタログでしたら、お話は違います。
とても需要がある車種もあり、是非拝見させて下さいと申し上げたところ、ご依頼主様のご希望とされる日時は早ければ早いほどありがたいとの事でした。

車の荷物室にはスペースもございますし、瑞穂区のお客様用に用意したダンボール箱も積んであります。
すぐにお伺い出来ますと申し上げたところ、とてもお喜び頂けました。

(2)へ

 

 

 

18年10月08日 テーマ:遺品整理・引越し・家屋の建替え

0120-305-497

同一カテゴリー記事

タグ

名古屋市自動車パーツカタログ買取 旧車カタログ買取 

出張買取・宅配買取
先頭へ戻る