0120-305-497

古本買取日記

タグ愛知県一宮市出張買取

遺品整理に伴い愛知県一宮市にて百科事典他の片付けを行いました。

2018年3月21日(水曜日)

 

3月17日(土曜日)は先日(9日)買取させて頂きました愛知県一宮市のお宅へ片付けに参りました。

漫遊堂ではケースバイケースではございますが買取させて頂きましたお客様からご希望があればお値段をおつけできなかった書籍の片付けを受け賜わる事もございます。

こちらのケースはお値段をおつけできなかった本の数のほうが多いので、本来でしたら買取そのものから、お断りさせて頂いております。

 

当日は処分する冊数が冊数ですので、応援を呼んだところ、昔から付き合いがある同業者様が泣く泣く来てくれました。

この方にお支払い出来る日当も作業量から考えるとお安い金額で、本当に申し訳ございませんと頭を下げるほか手立てが無く、恐れいります。

お客様からはお金は頂けないので、日当は私がお支払いするので、本当にボランティア活動といったところでした。


書籍を取り扱う者としては、本が別の形に再生されるのは忍びないので、お客様には事前に、どなたか必要とされる方があればお配り下さいと申し上げておきましたが、まったく減っておりません・・・・・

 

応援の同業者様も本棚を一目みるなり、絶句されており、今更ながら引き受けてしまった事を後悔することしきりです・・・・・

 

ホームページの先生からはネガティブな事は極力記す事無く、高価買取を高らかに宣言して下さいと常々言われておりますので、書かない選択肢もございました。

ここまで書き進める間にも、何度書き直した事でしょう。

 

再利用の方法として、名古屋古書会館で定期的に開かれる古書即売会の均一本に寄付するのも一つの手ですが、さすがにこちらのジャンルは既に役目を終えておりますので、致し方ございません。

 

貨物車の荷室半分を埋め尽くしたところで、書斎、二階の書棚から本が綺麗に無くなりました。


 

19日(月曜)に長野県松本市で行われる古書交換会に参加する予定でしたので、こちらに出品してみてはどうだろうかと思案しますが、口が悪い同業者様から「誰が、こんなの持ってきたんだ」と嘲笑されるのがオチですので、そのまま車に積み込んで古紙回収業者様に運び込んで参りました。

 

書籍の価値はいちじるしく低くなってきておりますが、まだまだ必要とされる方がいらっしゃる本もございます。

ご処分される前にプロの目に触れさせて下さい。

宜しくお願い申し上げます。

1
出張買取・宅配買取
先頭へ戻る