0120-305-497

古本買取日記

タグ岐阜県土岐市貸本まんが出張買取

貸本まんが(貸本漫画)・貸本小説買取

漫遊堂(まんゆうどう)では昔懐かしい昭和30年代~昭和40年代の貸本まんが・貸本小説の買取に力を入れております。

まとまった冊数をお持ちでご処分、ご売却をご検討の際は是非弊店までお売り下さい。

 

【貸本漫画・貸本小説】

昭和30年代~昭和40年代後半まで、日本全国のどこにでも貸本屋さんはございました。

最盛期の1960年頃(昭和35年)には3万件あったそうです。(東京都内だけで記しますと文房具店、駄菓子屋の兼業も含めると3000店)

ビデオレンタル店(現在のDVDレンタル店)が日本全国に最も多くあった1990年前後で13000件といわれていますので、約2倍の数を貸本屋さんが営業されていたわけですから、その数がいかに多かったのかご理解頂けるのではないでしょうか?

ちなみに大手コンビニエンスストアのセブンイレブンが現在第1位で19044件、第2位のファミリーマートが18240件。(2017年6月の時点にて)

コンビニエンスストアのこちらの大手二社は日本全国どちらでも見かけますね。

二社の店舗を合計しますと37284件。

こちらで比較してみても、もう日本中のどこにでも貸本屋さんがあったということがわかります(笑)


昭和23年(1948年)に神戸市で開業されたろまん文庫さんが戦後の貸本屋の起源とされており、その仕組みの会員制を取り入れてチェーン展開をされたネオ書房さんは古書業界でも有名です。

一説にはネオ書房さんは日本国内で200店舗以上を構えられたとか。

貸本屋さん専門に刊行している出版社も数多く存在し、日に10冊程度、貸本屋さん向けに本が刊行されていました。


しかし隆盛を極めた貸本業も徐々に衰退してゆきます。

その理由としては一説には1959年に創刊した週刊少年サンデー、週刊少年マガジンがあげられます。

貸本向けの漫画が1種類、月刊ペースの刊行に対し、かたや大手出版社から毎週次々に出版されるわけですから、勝ち目はございません。

かつて紙芝居が街頭テレビにお客さんを奪われていったように少しづつお店が減っていき1969年(昭和44年)ごろに貸本屋向けの出版が終焉を迎えました。

 

日本全国に存在した貸本組合も古書組合(全古書連)に統合されていったのもこの頃の事です。

漫遊堂(まんゆうどう)店主が2000年ごろから貸本漫画、貸本小説を求めて日本全国の貸本屋さんを巡って収集していた頃は極一部の県に数件残っておりました。

懐かしい思い出です。

存在していた頃に、お店の外観を撮影しておけば良かったと今は後悔しております。

残っていたお店は廃業されてしまい、現在は名残としてレンタルコミック店が残っているぐらいとなりました(昭和50年代~最近の新書版、B6判が並んでいます)

 

漫遊堂では昭和30年代~昭和40年代後半の貸本まんが、貸本小説の買取に力を入れております。

傷まないようにカバーにはビニールカバーを巻き付けて貼られており、ページが外れてバラバラにならないように釘、もしくは穴を開けて糸で補強。

読み込まれており小口には無数の染み、巻末には貸本屋の店印(スタンプ)が押してあり、状態はかなり悪いものとなりますが、こちらでしか読むことが出来ませんので、収集されてみえるお客様がいらっしゃいます。

中には現在も第一線で活躍している漫画家の初期作品もあり高価で取引されているタイトルもございます。

お客様で収集されてみえて、ご処分、ご売却をご検討の際は貸本漫画、貸本小説を数万冊取り扱いました漫遊堂まで是非お売り下さい。

 

下記に貸本屋向けに刊行していた出版社、月刊サイクルのタイトル、作者を極一部明記致しました。

ご参考までに御覧下さい。

ページ欠(落丁)、表紙、裏表紙が欠落しておりますと大幅に買取価格は下がってしまいます。

ですが!!上記のような状態でも構いませんので、ご処分されてしまわず、まずは一度拝見させて下さい。

 


【更新】

2017年10月27日(金曜日)

2017-10-27 16.56.24.jpg

関東方面の同業者様から写真の「復刻版 全国貸本新聞」が不二出版から刊行されている事を教えてもらい、早速注文したところ、幸い在庫がございまして定価(2万円+税)で手に入れる事が出来ました。

嬉しいです(笑)

 

貸本組合発行の新聞がある事は富山県の貸本屋さんで当時の新聞を見せてもらった事があり存じ上げていたのですが、このように昭和32年の9月(第1号)~昭和48年1月(第123号)、全てが復刻されていたのは全く知りませんでした。

 

少しづつ目を通していき、当ブログでも補足させて頂きます。

昭和35年2月号の貸本屋店番日記に書かれてある事は興味深く拝読しました。

やはり一般家庭にテレビが普及し、貸出率が落ちている事を嘆いておられます。

 

家電の昭和史テレビ編によると、昭和35年はカラーの本放送を開始し、テレビ、冷蔵庫、洗濯機が三種の神器と呼ばれるようになりましたとありますので、夢に手が届いた時期なんですねぇ・・・・・

ちなみに我が家は白黒テレビだったはず・・・・・・

 

 

【貸本漫画】

中村書店

ナカムラマンガライブラリー・ナカムラマンガシリーズほか

執筆者/謝花凡太郎・大城のぼる(「火星探検」原作/旭太郎(小熊秀雄))ほか

 

葵出版

葵のスリラーまんがシリーズ 葵のほがらか漫画文庫ほか

執筆者/横田正・丹野ゆうじ・辺見英児・堀万太郎・山口よし平・横山正雄(横山まさみち)ほか

 

あかしや書房

江戸川乱歩全集・怪奇・青い鳥・魔剣・罠・漫画文庫ほか

「ゴジラ」藤田茂 原作/香山滋

執筆者/手塚治虫・高野よしてる・うしおそうじ・武内つなよし・藤田茂ほか

 

曙出版(文華書房)

ティーンエージャー・ハイティーンほか

「嵐をこえて」赤塚不二夫デビュー作

執筆者/赤塚不二夫・好美のぼる(原やすみ)・徳南晴一郎・池川伸治・水木しげるほか



ひばり書房(つばめ出版)

十字路・黒猫・怪談・オール怪談ほか

主な執筆者/小島剛夕・いばら美喜・古賀しんさく(古賀新一)・杉戸光史・浜慎二ほか

 

怪談43集1.JPG

 

兎月書房

宇宙少年・少年戦記・妖奇伝・摩天楼・無双・妖霊ほか

「ロケットマン」水木しげるデビュー作品(共作の「赤電話」も兎月書房刊行です)

主な執筆者/水木しげる・つゆきサブロー・陽気幽平(竹内寛行)・橋本将次・咲花洋一・福田年兼・黒須喜代治ほか

 

 

朝日漫画社・緑書房・綱島出版社・暁星書房・くぎプロ・コメット書房・三共図書・東洋漫画出版社・小出書房・ます美書房・めばえ書房

少女ロマンスほか

執筆者/東眞一郎(水木しげる)・久呂田まさみほか 

 

 

あたみ社(あずま社・裕文社)

若草・剣雲ほか

執筆者/高橋真琴・サツキ貫太・田中正雄・東田健二・社領系明ほか

 

 

研文社

剣豪往来ほか

「乱闘炎の剣」川崎のぼるデビュー作品

執筆者/川崎のぼる・東田健二・城たけしほか

 

 

エンゼル文庫(大宝出版社・宝漫画文庫・やなぎ書房)

探偵(怪奇)スリラー顔・剣豪・点線・おとめ・スリラーブックほか

執筆者/いそじましげじ(巴里夫)・武田京子・東眞一郎(水木しげる)・山森ススム・金山明博・佐藤まさあきほか

 


金園社(金龍出版社・オリオン出版社)

明星文庫(読み物)・傑作漫画文庫・妖剣・すみれ・天下無双・虹・金園社の漫画全集ほか

執筆者/芳谷圭児 ・楳図かずお・松本正彦・久呂田まさみ・辰巳ヨシヒロ・戸山潤ほか

 

きんらん社

眼・球鬼ほか

執筆者/吉田竜夫・森安直哉(もりやすなおや・森安なおや)・寺田ヒロオ・梶原一騎・石井いさみほか

 

 

宏文堂(秀文社)

流星・カナリヤ文庫・幻影

執筆者/平田弘史・笹川ひろし・宮本ひかる・池川伸治・加藤輝彦(モンキーパンチ兄)・堀江卓・本多恒美ほか

 

 

寿書房・泰光堂

名作漫画ほか

執筆者/前谷惟光・田中久・のぎゆきお・鈴木えいじほか

 

さいとうプロ・佐藤プロ

ゴリラマガジン・ガールガール・花・17才・劇画マガジンほか

執筆者/さいとうたかを・石川フミヤス・山田セツコ(山田節子)楳図かずお・佐藤まさあき・水木しげる・望月あきら・諏訪栄(小島剛夕)ほか

 

 

昌和漫画出版

怪奇探偵シリーズ「錆びたナイフ」

「青い花びら」松本あきら(松本零士)初期単行本

執筆者/松本あきら(松本零士)・森安なおや・久呂田まさみほか

 

鈴木出版(テレビ絵本を数多く出版=コミック絵本)

「月光仮面」井上球二・村山一夫

手塚治虫漫画選集ほか

 

すずらん出版社

武芸月光・劇画ファン・ボス・アリバイ・大旋風ほか

執筆者/佐藤まさあき・桜井昌一・ありかわ栄一・うめもとさちお(梅本さちお)・白土三平ほか

 

 

三洋社(青林堂)日本漫画社(創業者=長井勝一)

忍者武芸帳・ハイスピード・黒い影ほか

執筆者/白土三平・水木しげる・小島剛夕・松本正彦・永島慎二ほか

 

 

セントラル文庫(やなぎプロ)

愛知県名古屋市にかつて存在していた出版社で店主には格別の思い入れがございますが、「街」を含め、現在はあまり流通しておりません。

是非お売り下さい。


街・白鳥・一文字・渚ほか

執筆者/石川フミヤス・山森ススム・佐藤まさあき・辰巳ヨシヒロ・荒木伸吾ほか

 

 

全漫プロダクション・日昭館書店・はるみ書房・日の出出版

おもしろ漫画

執筆者/川崎のぼる・かとう一彦(モンキーパンチ)・水木しげる・竹田愼平・横田徳男(よこたとくお)

 

 

太平洋文庫

長編時代漫画

執筆者/小山春夫・加藤一彦(モンキーパンチ)ほか

 

島村出版社(東京トップ社)

シマムラ漫画シリーズ・刑事・Gメンほか

執筆者/月宮よしと・いばら美喜・ 園田光慶・川崎のぼる・藤子不二雄・西たけろう・池川伸治ほか

 

東考社

ホームラン文庫・怪獣決戦シリーズ・水木しげる幻想ロマン・劇画NO1ほか

執筆者/水木しげる・つげ義春・橋本将次・平田弘史・佐藤まさあきほか

 

東光堂

希望・漫画双書

「音無しの剣」横山光輝デビュー作品

執筆者/手塚治虫・白井豊・東浦美津夫・社領系明・横山光輝ほか

 

 

東京漫画出版社(東京ロマン社)

執筆者/望月みさお・三田京子・好美のぼる・山松ゆう吉・谷ゆきお・しきはるみ・金田君子(上原きみこ)ほか

 

東邦図書出版社(王冠漫画社・東江堂・東邦漫画)

マンモス文庫ほか

執筆者/陽気幽平・桑田次郎・九里一平・横山光輝・手塚治虫・石川球太・わちさんぺい・藤子不二雄・河島光広ほか

 

鶴書房

「UTOPIA 最後の世界大戦」足塚不二雄(藤子不二雄デビュー作品)

執筆者/島田啓三・足塚不二雄(藤子不二雄)・東浦美津夫・手塚治虫・オオトモヨシヤス・大城のぼるほか

 

巴出版

「こがらし剣士」白土三平デビュー作品

執筆者/白土三平・望月信次・関崎志げ夫ほか

 

トモブック社

ディズニー傑作全集・傑作面白漫画ほか

「森の兄妹」楳図かずおデビュー作品/「別世界」第2作

執筆者/藤田茂・楳図かずお・吉元ただし(吉元正=バロン吉元)ほか

 

日の丸文庫(光伸書房)

影・魔像・日の丸漫画文庫・オッス・QP・中学生諸君ほか

「空気男爵」さいとう・たかをデビュー作品

執筆者/水島新司・平田弘史・辰巳ヨシヒロ・松本正彦・円谷一平(橋本将次)・佐藤まさあき・本宮博(本宮ひろ志)ほか

 

探偵ブック「影」NO26(1表).JPG

 

 

ヒロ書房(第一プロ・第一文庫)

ビッグシリーズ・青春

執筆者/山田美根子・辰巳ヨシヒロ・丘けい子・楠勝平ほか

 

ホープ書房

ウエスタン・慕情

執筆者/かとう一彦(モンキーパンチ)・本多恒美ほか

 

文洋社・一晃社

兵法・マスコットブック・大都会・国道ほか

執筆者/かとう一彦(加藤一彦・加東一彦・モンキーパンチ)

 

 

三島書房・公楽出版

怪奇スリラー選書「鍵」

執筆者/さいとうたかを・辰巳ヨシヒロ・松本正彦・楳図かずおほか

 

 

わかば書房

花・忍剣・怪奇スリラー選書「鍵」・剣ほか

執筆者/佐藤まさあき・辰巳ヨシヒロ・高橋真琴・松本あきら(松本零士)ほか

 

横山プロ

ああ青春・若い人シリーズ

執筆者/横山まさみち・藤原栄子・どやたかし・吉元正(バロン吉元)ほか

 

 

若木書房

泉・こけし・ゆめ・ひまわりブック・風船・探偵漫画シリーズ・こだま・迷路・銀河ほか

執筆者/美内鈴恵(美内すずえ)・池田理代子・武田京子・巴里夫・赤松セツコ・矢代まさこ・石黒昇・遠藤信一・つげ義春ほか

 


辰巳ヨシヒロマガジンNO2恐怖荘.JPG

 

 

逆光線(創刊号).JPG 

少女一寸法師.JPG

 

幽霊塔のうめき.JPG


ネックレスは笑う.JPG

 

 

 

 

【貸本小説】

出版社/浪速書房・豊書房・三洋出版社・ゆたか書店・桃源社・同光社・豊文社・東方社・青樹社・東京文芸社・同人社・同星出版社・圭文館

出版社/新東京書房・東都書房・川津書店・洸洋社・穂高書房・優文社・小説刊行社・春陽堂・新流社・榊原書店・光風社ほか

レーベル/東都ミステリー・ナニワブックスほか

執筆者/佐川恒彦・萩原秀夫・下村明・樹下太郎・山田克郎・大下宇陀児・宮本幹也・大河内常平・春日彦二・中菱一夫(平井呈一)・城戸禮・牧野吉晴・垂水堅二郎・三橋一夫・竹森一男・織田竜之・行茅生ほか

執筆者/楢俊介・大月恒志・南達彦・楠田匡介・岡田鯱彦・鷲尾三郎・永瀬三吾・宮下幻一郎・蒼井雄・海野十三・橘外男・九鬼紫郎・香山滋・渡辺啓助・竹田敏彦・宮野村子・西田稔・櫻町静夫・広池秋子・三木蒐一ほか

 

盗作の為、絶版の上、回収されました。ロス・マクドナルド「青いジャングル」に内容が酷似/浪速書房「火制地帯」大藪春彦

 

sim (1).jpgsim.jpg

 

1
出張買取・宅配買取
先頭へ戻る