0120-305-497

古本買取日記

タグ和包丁買取

名古屋市中区にて高級和包丁の買い取り

名古屋市中区にて最高峰の和包丁の買い取り

 

スタッフNです。

前回の続きです。


まだ世間では「お正月休み」と言ってもいい週末に名古屋市中区の料理店の方からご依頼を受け、包丁の買い取りに伺いました。


DSC_2094.JPG


「子の日(ねのひ)」というメーカーの特注品包丁です。

これはもう、芸術品クラスの逸品です。

ただ、残念ながら保管状況が悪く錆が出ています。

その分査定額はダウンしましたが、それでも最高峰の包丁ですのでお支払額に用意してきた金額では足りません・・・。

お客様に少々お待ち頂き、コンビニATMへ走ります。

お正月休みでATMが使用できるか不安でしたが、なんとかご納得頂ける金額を用意することができました。


先日も書きましたが、プロ用の和包丁は日本刀と同じ技術が使われています。

今回のお品は安来鋼(やすきはがね)の青紙2号という鋼を使用しています。

安来鋼は日立金属が開発した鋼です。

その中でも青紙の2号はクロームとタングステンを含み、固く粘りのある金属となります。

それを日本刀と同じように叩いて鍛える鍛造という製法で伸ばし形を整え、水で急激に冷ます事によって細かく引き締まり硬度を出します。


鋼の種類は含んでいる化合物により硬さと柔軟さなどが変化します。

白紙、青紙、銀紙等あり主に高級包丁には白紙と青紙が使われます。

まず、この白紙や青紙を包丁に鍛造できる鍛冶職人さんは多くありません。

さらに水焼きという焼き入れ方法ともなると、造ることができる鍛冶職人は世界でも数名しか存在しないと言われています。


扱いの難しい鋼を、非常に高度な技術により時間をかけ造られたのが今回買取させて頂いた包丁です。

鍛冶職人さんの技術力と、それを大切にお持ち頂いていた和食職人さんに敬意を払い今回の買い取りに臨ませて頂きました。

眼福です。

ありがとうございました。

岐阜市にて尚台正吉の和包丁の出張買取

スタッフNです。


遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

今年も漫遊堂をよろしくお願いいたします。


さて、年末年始は多くのお問い合わせを頂き、忙しくしておりました。

ご紹介できる、担当させて頂いた買取を何回かに分けて書かせて頂きます。


お正月中に岐阜市にて尚台正吉の和包丁等。

 

DSC_20920.jpg


後日また詳しく書かせて頂きますが、和包丁の良い物は日本刀と同じ技術で作られています。

プレス加工で抜いていく大量生産品もございますが、1点1点手づくりで作られている物は日本料理の職人さんが使用するプロ用となります。

この尚台正吉も手づくりの物で良い包丁です。

尺の柳、出刃、薄刃大小他です。


柳以外は上霞。

こちらのメーカーの上霞とは鋼と軟鉄を合わせた包丁で、切れ味良く長持ちします。

研ぐと、鋼と軟鉄の境目が霞がかかったように曇るのが特徴です。

柳は霞焼。

上霞は青紙という鋼を使用しており、霞は白紙という鋼を使用しております。

この違いも後日ご説明いたします。


ただ残念なことに、長年お手入れしていなかったとの事で若干錆が出ております。

中子(なかご)まで錆が進んでおりますと修理をしなければ長く使えません。

柄の交換も必要なため修理に最低でも4000円以上かかります。

そのため査定金額は落ちてしまいますが、とてもよいメーカーの包丁ですのでご納得頂ける金額を提示できました。


リサイクルショップなどあまり詳しくないところで買取をお願いすると、数百円と言われてしまう場合がございます。

大切な包丁を手放される場合は、是非とも専門知識のあるお店へお問い合わせください。

1
出張買取・宅配買取
先頭へ戻る