0120-305-497

古本買取日記

タグユニフォーム買取

宅配買取にて阪神タイガースの選手実使用グラブの買取

スタッフNです。

先日は大阪府の方より宅配買取にて阪神タイガースの投手の実使用グラブの買取を担当させて頂きました。
こちらは猪俣隆選手。
1980年代から90年代にかけて阪神で活躍された選手です。

CIMG9613.JPG

入手経路もしっかりとしておりましたので、ある程度の金額で買取できるかと思い、お送り頂きました。
ただ、保管状態が悪かったようで、その分査定がダウンしております。
その件につきましてはご依頼主も把握しておりましたので、交渉はすんなりとまとまりました。

ありがとうございました。

漫遊堂ではプロ野球ファンブック、実使用ユニフォーム、グラブなどの買取もお待ちしております

スタッフNです。

先日、プロ野球関連書籍、グッズ等の入荷がございました。
漫遊堂では、プロ野球ファンブック、実使用ユニフォームやグラブ、サイン色紙、サインボール等の買取も行っております。

DSCF4034[1].JPG


最近お問い合わせが多いのは、サインボールやサイン色紙があるけど誰の物か判らないと言うものです。
確かにサインは読めない物が多いですが、球団名や背番号を書いている方も居られますので、お問い合わせの際にはなるべく詳しくお聞かせ頂ければ幸いです。
メールで画像をお送りいただいても構いませんので、まずはお問い合わせをお待ちしております。

東京都より日本ハムファイターズのサインボール、色紙の宅配買取

スタッフNです。

先日東京都の方よりプロ野球選手のサイン色紙とサインボールの宅配買取がございました。
月曜日に到着していたのですが、査定に時間がかかり本日の買取となりました。
なぜ時間がかかったかと言うと、サイン色紙100枚以上、サインボールが50個もあったからです。
そのほとんどは北海道日本ハムファイターズの物で、おそらくキャンプ時に頂いた物だと思います。
1軍選手から2軍選手、コーチや監督まで幅広く集めていたようです。
他には楽天の選手がちらほら混じっておりました。

DSCF3900[1].JPG


お客様は処分出来ればとの事でしたが、せっかくお送りいただきましたので、お値段付けられる物を必死で探しました。
もう少しお喜び頂けるお値段を提示できればよかったのですが、2010年前後の物が多く、この時期日ハムは退団される方や移動される選手が多かった時期でもありなかなか難しかったです。

DSCF3899[1].JPG


さて、写真に写っているボールに関していくつか種類がある事にお気づきになられるかと思いますが、それについてちょっと解説させていただきます。
白い物は市販の硬式ボール。
おそらくご自分で購入して用意したものにサインを入れていただいたものと思われます。
日本野球機構(NPB)のロゴマークが入っていると公式球となり、入手は多少難しくなります。

青い物は日本ハムファイターズの球団公式球。
キャンプ時のファンサービス等に使われたりします。

緑色のロゴが入った物は日ハムの2軍、鎌ヶ谷ファイターズのもの。
このほかに、今回は含まれておりませんでしたが、試合前にファンサービスとしてスタンドに投げ入れる「投げ込み球」と呼ばれるものがございます。
こちらはその名のとおり、投げ込みますので受け取るファンのことを考え硬式球に見えますがやわらかいボールになっています。

野球グッズはその入手経路のエピソードも重要になる事がございます。
買取の際には出来ましたら詳しい入手経路をお聞きできればありがたいです。
漫遊堂ではプロ野球選手の実使用ユニフォームやグラブの買取もお待ちしております。

名古屋市守山区で阪神タイガース選手サインボール、赤星選手グローブ等買い取り

スタッフNです。

先日、名古屋市守山区内で阪神タイガース選手のサインボール、赤星選手のグローブ等の出張買取に伺わせて頂きました。
サインボールと言うと、あまりお値段を付けるのが難しいジャンルの商品ですが、この方はケースに入れられとてもきれいに保管しておられました。
なので、予定していたMAXのお値段を提示させて頂きました。

交渉の結果、お客様が予定しておられた商品全てを買い取らせて頂くことに。
ありがとうございます。


いつもながら野球グッズは査定がとても難しいです。
野球選手グッズのお問い合わせは良くあるのですが、買い取りまでに至る事は残念ながらあまり多くありません。
それはやはり、手放される方の思い入れが強いので、こちらの提示額とお客様の思う金額とでかなりの開きがあるからだと思います。
野球選手といえば、最も身近なヒーローであると思います。
誰もが子供の頃に憧れる選手の一人もいたはずです。
ここ地元名古屋でもイチロー選手と言う、偉大な選手が今もヤンキースで活躍中です。

そんな選手達のサインやグッズはさぞかし価値があるに違いありません。
と、普通は思います。
しかしながら野球選手も人気商売ですので、わりと気さくにサインをしてくれる選手が多いのも事実です。
ですので、単品のサイン色紙やサインボールのお問い合わせにはなかなかお値段を付けるのが難しいのです。

僕は漫遊堂へ来る前は名古屋の繁華街のとある飲食店で働いておりました。
そこのオーナーの知り合いである、某進撃っぽい球団の有名選手が、後輩を連れてよく遊びに来ていました。
後輩と言ってもスタメンで登場する大型ルーキーの方々です。
その後輩選手達がその場で数十枚のサインを書いてくれる事もありましたし、有名選手がオーナーへの誕生日プレゼントとしてユニフォームやバットを贈っていた事もありました。

そうやって選手に頂いたグッズはお宝には間違いありません。
しかし、一歩下がって"商品"としてそのグッズを見た場合、何かしらの付加価値が付かなければ商品として生かすことはなかなか難しいのです。
例えば、ホームランなどの記念ボールや記念バット。
実際に試合で使用したユニフォームやグローブなどです。

第三者にご購入頂く上で、自分ならこの商品にいくら出せるか?と言うことが大切かと思います。
ですので、そのグッズの詳細な入手経路やそのグッズにまつわるエピソードが必要なのです。

もちろん一生の宝、思い出として保管したい方は自分の胸にエピソードを持っていれば十分であると思います。
野球場で、もしくは街でばったり野球選手にサインを貰うチャンスがあった場合。
是非とも「○○さんへ」と宛名を書いて頂いてください。
少なくとも、僕が出合った選手の方々は宛名をめんどくさがらず、むしろ喜んで書いて頂いたように思います。
宛名により、選手とファンと言う絆が、少しばかりか強くなる。
そんな気が、僕はするからです。

1
出張買取・宅配買取
先頭へ戻る