0120-305-497

古本買取日記

タグサインボール買取

阪神選手サイン入りグローブ、王貞治ほかサインボールの買取

スタッフNです。

 

今回は先日買い取りさせて頂いた野球関連グッズのご紹介をさせて頂きます。

 

大阪府より阪神タイガーズ梅野隆太郎サイン入りキャッチャーミット。

神奈川県より1977年のオールスターゲームマルチサインボール。

静岡県よりサイン色紙、サインボール各種。

 

DSC_4305.JPG

 

王貞治、長嶋茂雄、松井秀喜、イチローなどがございました。

 

こういったサインボール等は日本でもメモラビリアと呼ばれる事が定着してきております。

人気があり高額となりますのは選手が実際に試合に使用したユニフォームやバット、グローブなどです。

こちらは球団やスポンサー企業から支給されるので数も少なく、選手が身に着けているのでその価値は言わずもがなと言うところでしょう。

 

コレクション性の高い直筆サインボールなども根強い人気がございます。

数百円程度から気軽に集められるのも人気の理由ですが、あまり注目されていなかったルーキーが主力選手に育っていきお宝と化す、と言うのも醍醐味かもしれません。

 

野球グッズのお問い合わせを頂く際には、入手経路等詳しくお伺いいたしますので判る範囲でお伝えください。

それにより査定額がアップする事もございます。

 

ありがとうございました。

塗装済み完成品ガンプラ、ナイフ、サインボールの買取

スタッフNです。


ここ最近担当させて頂いた買取をご紹介いたします。


まず持込にてナイフの買取。

和ナイフ等良い物もございましたが、なかなか売り難い現状もございましてお客様とご相談させて頂きました。

ありがとうございます。


もう一件、持込にてナイフの買取。

数本お持ちいただきましたが、1本だけ非常に珍しい物がございましたので、ほとんどこの1本のお値段でした。

1977年に製造されたオールドガーバーで、販売本数も少ない物です。

その後発売された大ベスセラーに隠れてしまい、知っている人も少ないので売り難いといえば売り難いのですが。


宅配買取にてサインボール。

普段は1つ2つのみのサインボールの買い取りはお断りさせて頂くことが多いのですが、こちらは1948年の物でどの球場で何月何日に行われた試合か特定でき、1個のボールに12名の選手名が確認できましたので買取させて頂きました。

極稀な例です。


宅配買取にてナイフ。

またまたナイフです。

こちらはゾーリンゲンの古いペーパーナイフが2本ございましたので、はやりこれだけのお値段です。


安城市にて塗装済み完成品のプラモデルの出張買取。

モデラーの方からご依頼頂きました。

写真を送っていただいたので、事前に目安程度に査定させて頂き、ご納得いただけましたので買取に伺いました。

高速を使い片道1時間ちょっとです。

非常に出来が良かったので、事前査定より買取額はアップさせていただきました。

また置き場に困った時にはご依頼頂ければ幸いです。



ありがとうございました。

宅配買取にて野球グッズ、釣具カタログ等の買取

スタッフNです。

担当させて頂きました買取をご紹介いたします。

まずは宅配買取にて野球グッズ。
ご利用二度目のお客様となります。
サインボールやミニサインバット、選手の写真やピンズなど様々な物がございました。
少々古く状態の悪い物が多かった印象です。
それでも、バブルヘッド人形、日米野球記念ボール等お値段お付けできる物もございましたので何とか納得いただけたかと思います。

CIMG0485.JPG

2件目も宅配買取にて釣具のカタログをダンボール3箱ほど。
釣具のカタログは1970年代80年代が人気がございます。
そのあたりの年代で個別にお値段お付けできたのは7冊ほど、あとは工夫して売らないと売り難い年代となります。
7冊が効き目となりご納得頂ける金額を提示できたかと思います。

CIMG0486.JPG
CIMG0487.JPG

最後に本日、事務所への持込にてコミック、東方関連同人誌等。
処分をご希望でしたが、何とかお値段お付けできる物もございましたで買取金額にお喜び頂けたかと思います。

CIMG0488.JPG


ありがとうございます。

野球グッズ、映画DVD、写真集、ナイフの買取

スタッフNです。

ここ最近の担当させて頂いた買取を紹介いたします。

まずは持込にて映画のDVDの買取。
お近くの方で、もう数回お伺いしたり、お越し頂いたりしています。
いつもご利用いただきありがとうございます。

CIMG0466.JPG

次にこちらも持込にて中日ドラゴンズ関連グッズ。
写真パネルやサインボール、バブルヘッド人形等。
雨の中お越しいただきありがとうございました。

CIMG0467.JPG
CIMG0468.JPG

またまた持込にて写真集を約60冊。
名古屋の辺境まで足を運んでいただきありがとうございます。

CIMG0469.JPG

こちらも持込にてナイフの買取。
あれ?今週僕出張買取に出ていない?

CIMG0470.JPG

HKとあるナイフはヘッケラー&コック。
製作はベンチメイドです。
ZTとあるのはゼロ・トレランス。
カーショーの第2ブランドですね。
興味ない人にはややこしい事になっています。


漫遊堂をご利用いただきありがとうございました。

名古屋市港区にてプロ野球選手実使用グラブの出張買取

スタッフNです。

本日はプロ野球選手実使用グラブの出張買取を担当させて頂きました。

CIMG0247.JPG

選手は阪神タイガースの矢野燿大選手。
キャッチャーミットです。
こちらのミットはプロ用支給品ですので様々な刻印などでどういった物かがわかります。
こちらの品は2003年に支給された物。
2003年といえば阪神タイガースは18年ぶりのリーグ優勝をしている年です。
矢野選手はゴールデングラブ賞を獲得。
野球グッズのストーリーとしては申し分ないプレミアムです。

ただ、選手の使う物は支給品ですのでおいそれと手放す事はできないはずです。
球団支給の物などはあまりにも無くすと(ファンなどにあげてしまうと)始末書を書かされると言った話も聞いた事があります。
こちらのお品はナゴヤドームで頂いた物と聞いておりますので、おそらく中日時代に縁のあった方を通じて頂いたのではないかと推測されます。

この度は漫遊堂にご依頼頂きありがとうございました。

千葉県より野球選手のサインボール、サイン色紙の宅配買取

スタッフNです。

先日宅配買取にてプロ野球選手のサインボール、サイン色紙の買い取りを担当させて頂きました。
サイン色紙約30枚、サインボール約50個ほどございました。

何度も書いておりますが、プロ野球グッズでサイン色紙・サインボールはお値段がお付け辛いジャンルの物となります。
野球選手は人気商売でもありますので、タイミング良くお願いすればサインに応じてくれる事が多いかと思います。
そもそも会う事ができないという事もあるかもしれませんが、ファンイベントやキャンプ地でのトレーニング時にはサインに応じるファンとの交流時間も設けられている場合もあり市場での数は多いのです。

今回の買い取りのお品は2005年前後の物が多かったので、すでに引退されている選手や、2年しか在籍されなかった選手の物もございましたのでなかなか難しかったのですが、お客様で何年のどこで頂いた物かメモを残されていたのでそちらの記録で多少査定額をプラスさせて頂きました。

CIMG0169.JPG

今回一番の査定額はこちらの松井秀喜選手のサイン入り写真です。
ヤンキースオフィシャルの物でギャランティーも付いています。
ただ10年も経過しておりますので、写真が少々色あせてきている点が残念です。

ありがとうございました。

名古屋市名東区にて中日ドラゴンズ選手イチロー選手サインボール等の出張買取

スタッフNです。

本日は出張買取にて野球選手のサインボールとサイン色紙の買取を担当させて頂きました。

良い機会ですので、この場をお借りしてサイン物に関しての注意点をご説明させて頂きます。
まず、野球選手に限らず有名人のサインに関しましては一部の例外を除きオフィシャルの物以外にはほとんどお値段がつきません。
オフィシャルの物とはボールや色紙に球団ロゴやNPB(日本プロ野球機構)のロゴが入っている公式の物です。

CIMG0135.JPG

一部の例外と言うのはそのサインを頂いた背景がしっかりとしている物です。
確実に自分が選手に目の前で書いて頂いた、という物でも第三者に客観的に証明できる物がなければ買い取った物の販売が難しくなってしまうからです。
例えば、その時の写真。
書いたサインを持って選手が写っていればベストですが、よほど親しい間柄でなければお願いできません。
イベントならそのイベントの告知チラシなど、サインに日付が入っていればイベント時に頂いたとわかります。

そういった物がまったくない場合は、頂いた際のエピソードをお聞かせください。
今回のお客様はそういったエピソードがこちらの情報と合致していたため、かなり頑張った金額で買取をさせて頂きました。

CIMG0136.JPG


なぜこのように面倒くさい事が必要なのかと言うと、現在スポーツ選手以外にもアイドルや漫画家などの偽物のサインが非常に多く出回っているからです。
お客様のお宅へ買い取りに伺った際にそういった物の査定をご依頼頂きますと非常に心苦しい思いでお断りさせて頂かなければいけません。
中にはプロの目から見れば非常に出来の悪い偽物も見受けられます。
ですので買い取りの際には細心の注意を払って臨まなければならないのです。
何卒、ご協力いただきますようお願いいたします。

神奈川県より報知高校野球、月刊ドラゴンズ、ミニレディー百科等の宅配買取

スタッフNです。

本日は神奈川県よりお送り頂いた宅配買取のお荷物を査定させて頂きました。
ダンボール箱で9箱。

DSCF4086[1].JPG

内容は主に「横浜大洋ホエールズファンマガジン」「ベイスターズファンマガジン」「月刊ドラゴンズ」「報知高校野球」「ベースボールマガジン」等野球関係の雑誌で、中には野球選手のサイン色紙も同封されていました。

ご不要な本もお送りいただけると言う事でしたので、他に文庫小説や一般書籍、児童書などもお送り頂きました。

DSCF4088[1].JPG

最近は1970年代~90年代に発売されていたこのミニレディー百科が人気なようです。
様々な女の子が興味を持ちそうな題材を解説した小学館の本で「少女マンガ入門」「おしゃれ」「トランプうらない」「おかし作り」「クッキング」「エチケット」等の入門百科となっています。
イラストやカットも萩尾望都や竹宮惠子、上原きみこ、市川みさこ等人気漫画家が描いていたりします。
当時から男の子の「つり入門」や「切手入門」などと合わせて人気がありました。

この度はたくさんの本をお送り頂きありがとうございました。

東京都より日本ハムファイターズのサインボール、色紙の宅配買取

スタッフNです。

先日東京都の方よりプロ野球選手のサイン色紙とサインボールの宅配買取がございました。
月曜日に到着していたのですが、査定に時間がかかり本日の買取となりました。
なぜ時間がかかったかと言うと、サイン色紙100枚以上、サインボールが50個もあったからです。
そのほとんどは北海道日本ハムファイターズの物で、おそらくキャンプ時に頂いた物だと思います。
1軍選手から2軍選手、コーチや監督まで幅広く集めていたようです。
他には楽天の選手がちらほら混じっておりました。

DSCF3900[1].JPG


お客様は処分出来ればとの事でしたが、せっかくお送りいただきましたので、お値段付けられる物を必死で探しました。
もう少しお喜び頂けるお値段を提示できればよかったのですが、2010年前後の物が多く、この時期日ハムは退団される方や移動される選手が多かった時期でもありなかなか難しかったです。

DSCF3899[1].JPG


さて、写真に写っているボールに関していくつか種類がある事にお気づきになられるかと思いますが、それについてちょっと解説させていただきます。
白い物は市販の硬式ボール。
おそらくご自分で購入して用意したものにサインを入れていただいたものと思われます。
日本野球機構(NPB)のロゴマークが入っていると公式球となり、入手は多少難しくなります。

青い物は日本ハムファイターズの球団公式球。
キャンプ時のファンサービス等に使われたりします。

緑色のロゴが入った物は日ハムの2軍、鎌ヶ谷ファイターズのもの。
このほかに、今回は含まれておりませんでしたが、試合前にファンサービスとしてスタンドに投げ入れる「投げ込み球」と呼ばれるものがございます。
こちらはその名のとおり、投げ込みますので受け取るファンのことを考え硬式球に見えますがやわらかいボールになっています。

野球グッズはその入手経路のエピソードも重要になる事がございます。
買取の際には出来ましたら詳しい入手経路をお聞きできればありがたいです。
漫遊堂ではプロ野球選手の実使用ユニフォームやグラブの買取もお待ちしております。

名古屋市守山区で阪神タイガース選手サインボール、赤星選手グローブ等買い取り

スタッフNです。

先日、名古屋市守山区内で阪神タイガース選手のサインボール、赤星選手のグローブ等の出張買取に伺わせて頂きました。
サインボールと言うと、あまりお値段を付けるのが難しいジャンルの商品ですが、この方はケースに入れられとてもきれいに保管しておられました。
なので、予定していたMAXのお値段を提示させて頂きました。

交渉の結果、お客様が予定しておられた商品全てを買い取らせて頂くことに。
ありがとうございます。


いつもながら野球グッズは査定がとても難しいです。
野球選手グッズのお問い合わせは良くあるのですが、買い取りまでに至る事は残念ながらあまり多くありません。
それはやはり、手放される方の思い入れが強いので、こちらの提示額とお客様の思う金額とでかなりの開きがあるからだと思います。
野球選手といえば、最も身近なヒーローであると思います。
誰もが子供の頃に憧れる選手の一人もいたはずです。
ここ地元名古屋でもイチロー選手と言う、偉大な選手が今もヤンキースで活躍中です。

そんな選手達のサインやグッズはさぞかし価値があるに違いありません。
と、普通は思います。
しかしながら野球選手も人気商売ですので、わりと気さくにサインをしてくれる選手が多いのも事実です。
ですので、単品のサイン色紙やサインボールのお問い合わせにはなかなかお値段を付けるのが難しいのです。

僕は漫遊堂へ来る前は名古屋の繁華街のとある飲食店で働いておりました。
そこのオーナーの知り合いである、某進撃っぽい球団の有名選手が、後輩を連れてよく遊びに来ていました。
後輩と言ってもスタメンで登場する大型ルーキーの方々です。
その後輩選手達がその場で数十枚のサインを書いてくれる事もありましたし、有名選手がオーナーへの誕生日プレゼントとしてユニフォームやバットを贈っていた事もありました。

そうやって選手に頂いたグッズはお宝には間違いありません。
しかし、一歩下がって"商品"としてそのグッズを見た場合、何かしらの付加価値が付かなければ商品として生かすことはなかなか難しいのです。
例えば、ホームランなどの記念ボールや記念バット。
実際に試合で使用したユニフォームやグローブなどです。

第三者にご購入頂く上で、自分ならこの商品にいくら出せるか?と言うことが大切かと思います。
ですので、そのグッズの詳細な入手経路やそのグッズにまつわるエピソードが必要なのです。

もちろん一生の宝、思い出として保管したい方は自分の胸にエピソードを持っていれば十分であると思います。
野球場で、もしくは街でばったり野球選手にサインを貰うチャンスがあった場合。
是非とも「○○さんへ」と宛名を書いて頂いてください。
少なくとも、僕が出合った選手の方々は宛名をめんどくさがらず、むしろ喜んで書いて頂いたように思います。
宛名により、選手とファンと言う絆が、少しばかりか強くなる。
そんな気が、僕はするからです。

1
出張買取・宅配買取
先頭へ戻る