0120-305-497

古本買取日記

愛知県一宮市にて同業者様の倉庫整理

2018-02-08 11.06.23.jpg2018年2月9日(金曜日)

 

2月8日(木曜日)は通算6度目となる老舗の同業者様の倉庫整理を行いました。

いつものように研究会有志一同にて、参加者はいつもより3人少なく、計5名。

本日中に終われるかしら・・・・と思いながら作業を開始。


この度も大正期から続く老舗の三代目が陣頭指揮をとられて、貨物車三台の荷室を満載にして倉庫を空にしてまいりました。

これで昼食を食べて、解散となれば、万々歳なのですが、大変なのはここからなんです。

名古屋古書会館で、業者市場に出品するべく、その作業が始まります。

各ジャンル毎に揃えて、縛る等。


作業中はダンボール箱にマジックで和本、刀剣と書かれている箱を発見すると、「おっ!!」と歓声が上がります。

「どれ?どれ?」とばかりに皆さんが集まってきてワイワイ(笑)

わくわくしながら、開封したところ、中身が違っていてガッカリ・・・・・

この日は終日、こんな感じで、眼の肥えた同業者様を満足させる荷物は正直少な目といった印象です。

 

廃棄は少なく、なるべく生かしたいと、頑張って作業をしましたが、どうにもならない本が3カーゴ。

こちらは定期的に開催される即売会の均一本に寄付してまいりました。

 

6時間ほどの作業で、50点以上の口に仕分ける事が出来ました。

 来週の古書交換会の開催日は古書組合員の皆様のご参加をお待ち申し上げております。(一般の方の入場は出来ませんのでご了承下さい)

18年02月09日 テーマ:古書組合・仕事風景・日常(各地での食べ歩き)

0120-305-497

同一カテゴリー記事

タグ

出張買取・宅配買取
先頭へ戻る