0120-305-497

古本買取日記

1980年代レトロPC、X68000のゲームソフトの買取

スタッフNです。


先日、事務所への持ち込みにて旧PCであるX68000のソフト等の買取査定を担当させて頂きました。

 

2017-12-16 13.12.58.jpg


X68000とは1980年代後半にシャープが発売した高性能パソコンです。

その性能の高さは、当時のパソコンとしてはアーケードゲームを完全移植できるほどで、コナミの「グラディウス」をバンドルソフトとして同梱する自信の高さでした。

 

2017-12-16 12.49.47.jpg


今回お持ちいただきましたゲームソフトも、ナムコの「源平討魔伝」やセガの「アフターバーナー」、アイレムの「R-TYPE」等アーケード移植物が多いです。

X68000専用ソフトとしてはZOOMの「ジェノサイド」「ラグーン」「ファランクス」など人気のタイトルも押さえており、とても羨ましいラインナップです。


珍しいところでは、後年色物メーカーとしてイメージが定着してしまったザインソフトの「トリトーンファイナル」がありました。

僕はこれの実物を初めて見ました。

「トリトーンファイナル」はPC88で少しだけ人気のあった「トリトーン」のX68000版で、現在では伝説のクソゲーとして名高いタイトルです。

X68Kの性能をもってしても処理が追い付かない画面切り替えに、プレイヤーキャラの遅さ。

挙句の果てにはバグで最後までプレイできないという、当時定価で購入したユーザーは激怒していいくらいの内容の酷さでした。

おそらく当時クリアできた人は皆無でWindows時代になり、クロックアップ改造やエミュレータにてやっとクリアできる人が登場しましたが、それでもプレイは大変な苦行と言われています。

ネタとしては最高の逸品です。


漫遊堂ではレトロPCのゲームソフトの買取にも力を入れております。

スタッフNはクソゲー愛好家ですので、どんなクソゲーでも捨てずにお問い合わせください。

17年12月20日 テーマ:ゲーム買取

0120-305-497

同一カテゴリー記事

タグ

ゲーム買取,レトロPC買取,旧PC買取,X68000買取,PC88買取 

出張買取・宅配買取
先頭へ戻る